20代女性のお金の使い方。自己投資で浪費しないと貯金できる!

「20代は、貯金ばかりでなく自己投資にお金を回しなさい」とよく言われます。

でも、本当にそれをやるとお金が全然たまりません。

そこで今回は20代女性の正しいお金の使い方について解説します。

節約ばかりでは疲れるし、浪費ばかりでも手元に何も残りません。

最後まで読むと、「本やネットに書かれてるお金の使い方では幸せにはなれない。」「あなたが今何をするべきか」が分かります。

 

お金の使い方は、3つの箱で考える

「生活費」「貯金」「自己投資」

20代女性がお金の使い方で一番気をつけるべきは「自己投資」です。

まじめな人ほど「自己投資」にお金を使う人が多いです。

社会人になりたてのころは、良い意味でも悪い意味でも分からないことだらけ。

「もしかして」に備えて、いろいろお金を使いたくなります。

資格取得、英語の勉強、料理教室、海外旅行、、、、

 

まじめな20代ほど、自己投資で浪費します。

リターンが期待できるものに投資しないと、自分が損するだけ。

貯金もできず生活費もきりつめたのに、収入アップor何の恩恵を受けられないのでは意味がありません。

リターンの大きい自己投資にだけお金を使う。

あとは生活費と貯金に回すのが正解です。

収入は一定ですので、貯金にばかり振り分けられません。。

生活費の3ヶ月分を目標にします。

 

毎月お給料から自己投資分を引いて、残ったお金を「生活費」と「貯金」にふりわけます。

「貯金」の箱がいっぱいになったら生活費のほうにお金を回します。

 

生活費には、食費や住居費の他に、娯楽費や交際費も含めます。

20代後半になると、友だちや上司の結婚式に呼ばれることも多くなり、万単位でお金が消えます。ひどいときには、6月に3組の結婚式に呼ばれた。。。ということも。

なので生活費は月単位ではなく1年間で計画をたてるのが現実的です。
つまり6月は、出費が多くて赤字。その分を他の月で補填するということです。

生活費の年間の見通しがたって、お金があまったら、ご褒美としては自分の使いたいものに回してください。

20代女性の自己投資におすすめなのは「脱毛」

 

自己投資といえば、「資格取得」「語学の勉強」「料理」「旅行」「セミナー通い」「人脈形成」「美容」「スポーツ」、、、、。

などたくさんあります。

わたしは社会人1年目から自己投資にお金を使い込んでました。日経ウーマンが愛読書で、特集に登場してる女性を目標にしてたんです。

今にしても思うと、歩んできた道が違うのですから、目標にすること自体が間違いでした。
数ある自己投資のなかで、リターンが大きかったのは「脱毛」です。

自己処理を続けると、どんどん肌が汚くなります

カミソリ負けする女性は要注意です。

20代前半なら代謝が良いので、肌の修復や再生も早いです。

でも25歳をこえると、肌荒れしたままが続いたり、黒ずんできます。

脱毛すれば、自己処理することもなくなり、肌を痛めずにすみます。

脱毛すると肌がツルツル、すべすべになります。

わたしは脚の肌が汚くて夏でもストッキングを入ってましたが、脱毛してからは生足できるようになりました。

こんなにキレイになるなら、もっと早く脱毛すれば良かったと後悔したぐらいです。

 

脱毛する前は、自分のコンプレックスを隠せる洋服を選んでました。

  • ブツブツだらけの脚や脇の下をどうしたら隠せるか?
  • 黒ずんでるビキニラインを隠すには、どういう水着を選べばよいか?

こんなことばかり考えてました。

でも今は、隠すことを考えずに、自分が着たい洋服を選んでます!

 

これだけでも脱毛にかけた費用は回収できたと思いましたが、リターンはそればかりではありませんでした。

  • (コンプレックスが消えて)自信がついた
  • 使う言葉や考え方が変わった
  • 周囲(上司や友人)の反応が変わった

↑こういうプラスの相乗効果がうまれ、気づいたら希望の課に配属、収入も予想以上に上がりました。

ポイントだけ書いてるので、「そんなに簡単にうまくいくわけないでしょ」と思うかもしれません。

でも本当なんです。

昔のわたしは、心に余裕がありませんでした。努力してるのに全然報われないことに腹をたてる毎日。

同期が遊んでるときに、生活費をきりつめて資格や英語の勉強をしてました。

なので、全然努力してそうにみえない人が評価される社内に反感をもって、「あいつはマジメで怖い(使えない)」という烙印をおされていた気がします。

 

今にして思うと、学生時代の延長で社会人をやってたんだなと。

学校のテストは、努力すればそれないの点数もつくし、先生に評価されますよね?

でも社会人になると、一変します。

努力しても相手先の都合でダメになることも多いです。

評価システムが社内にあるとしても、上司に気に入られた人間が昇進しますからね。

 

女性にとって、肌がきれいになるのは、細胞だけでなく自分自信が生まれ変わるチャンスでもあるんだと学ばせてもらいました!

「ふーん。脱毛してみようかな」と思った人でも、、、

「脱毛は高い」「勧誘が怖い」というイメージがあるかもしれません。たしかに、お店選びを間違えると大変かもしれません。

なのでわたしの選び方をまとめましたので参考にしてください。

脱毛サロンの探し方⇒

 

まとめ

一般的に有効とされてる自己投資がなぜ役にたたないかを知りたい人は「自己投資は美容が最強!20代女性の勉強はコスパが悪い→」という記事をチェックしてみてください。

いま英語を勉強しようかなと思ってる人は「20代女性に英語の勉強は得?捨てるかどうかのボーダーライン→」という記事を読んでおくと無駄足をふまずにすみます。

社会人3年目~の人なら社内営業をスタートしたほうが良いです。これやっておかないと、自分のキャリア形成がうまくいきません。

20代女性の社内営業。勉強するよりも未来への投資になるよ♪