20代の女磨き。一番やって良かったのは「脱毛」!

女磨きをはじめたい20代向けの記事です。

きっかけは個人差がありますが、「今の自分を変えたい!」という想いは同じ。

でも、なにから始めればいいのか分からない。。。という人が多いと思います。

・考えすぎて行動できない

・動いてるのに効果がない

そんな人に、時間とお金をムダにしない、効果がある方法を話します。

結論からいえば、コスパの高い自分磨きは「脱毛」です。

スキンケア、メイク、ファッション、料理、勉強(語学や資格)、スポーツ、、、

いろいろやりましたが、かけた時間とお金以上の回収ができたと感じたのは「脱毛」だけでした。

 

20代の女磨きは「脱毛」が最強!

脱毛のメリット

  • 夏の自己処理が減らせる
  • 毛穴の目立ちが減る
  • 急に誘われても大丈夫
  • 好きな水着や洋服が着られる
  • VIO部分の悩みがなくなる
ざっと考えただけで、これだけのメリットがあります。

30代、40代で脱毛に通う人が多い

「これ以上、肌を汚したくない」という理由で30代、40代から通い出す人もいます。

自己処理を続けると肌がどんどん傷んでいきますからね。

20代のうちに通っておけば、きれいな肌をキープできたのにと後悔してるそうです。

 

でも、この年齢になってからでもサロンに通えるだけラッキーな人なんですよ。

結婚しちゃえば、子育てに時間がとられるし、自由になるお金もなくなります。

 

脱毛どころじゃなくなる人が多いのです。

もちろん、独身だったり、結婚してもお金に余裕があれば、通えますけど。

「20代のうちに脱毛しておけば良かった。。。」と後悔したくないですよね?

脱毛はそれほど高くない

「脱毛が良いのは分かったけど、お金かかるじゃないですか?」と思うかもしれません。

ただ、実際に話しを聞いてみると、「案外、安いんですね」と言いたくなる値段だったりします。

もちろん、安くても施術が雑だとか、予約が全然とれない店はダメですけどね。

肌がツルツルの女は男ウケが良い

脱毛すると毛の悩み(剛毛、カミソリ負けなど)を解消するだけでなく、肌がツルツルになります。

見た目も良くなるのは当然、そのほかに手触りがよくなります。

これって、男性にすごくウケが良いです。

男と女の脳は違います。エッチしてるとき、女性の肌がツルツルだと、それだけで好感度が上がります。

今までつきあってきた男性に、聞いてきたので間違いありません。

ザラザラだったり、ニキビがあると、可愛い顔してても残念に思うそうです。(男目線)

 

人は見た目が9割

20代の自分磨きに「脱毛」は最強なのですが、こう言うと反発する人もいます。

「別にモテたいから、自分磨きしたいわけじゃないし。。。」

たしかに、そういう意見もあると思います。ただ、女の武器は磨いておいて損はないですよ。

清潔感で、その他大勢から抜け出せる

「人は見た目が9割」と言われるぐらい、外見が与える情報が多いです。

なんか清潔感があるなと感じてもらえれば、他人に良い印象を残せます。

例えばA型の上司には、清潔感がないと、だらしがないと判断する人もいます。

「ムダ毛って、そう他人には見えないでしょ」と思うかもしれません。

でも、意外に見えちゃうんですよ。

タクシーにのったとき、飲み会でお座敷にあがったときは「脚の毛」

満員電車や職場で座ってるとき(首筋から背中にかけて)

接客業なら「指毛」の処理も大事!

未処理の毛があるだけで、「残念」という烙印をおされます。

恋愛や結婚への想いは、30代が近づくと変わる

「男に興味はない」と言ってたのに、アラサーになると婚活をはじめる人もいます。

「ひとりは寂しい」「独身で生きる自信がなくなった」という人や、「子どもがほしい」という先輩もいました。

今は大丈夫でも、未来は分かりません。

あわてて脱毛に通い出す人も多いです。1回行くだけで脱毛は終わりません。

今は「一人でもいいかな」と思ってる人は要注意です。

 

肌をきれいにキープできてるだけで、30代、40代の印象も全然違ってきます。

男性によい印象を作れて、それ以外にも得する「脱毛」ほどコスパの良い自分磨きはありません。

関連リンク:

脱毛サロンの探し方、については、以下のリンク先ページにまとめましたのでご覧ください。

お店選びに失敗すると、時間とお金のムダになりますので、参考にしてください。

脱毛サロンの探し方⇒

女磨きに「勉強」を考えてる人へ

 

わたしは、一番コスパが悪いのが「勉強」だと思ってます。

勉強は「自分に関係してること」と「全然関係ないこと」の2種類があります。

仕事関連やライフプラン用にお金の勉強は、やっておくべきです。

 

ただ、「将来役立ちそうだから、、、」という勉強はおすすめしません。

目的が薄い勉強は、続きません。

「嫌なことを忘れられるから」と勉強に熱中する人もいますが、嫌なことから逃げてるうちは、新しい自分になれません。

マイナスをプラスに変えるには、勉強ではなく行動です。

もしくは思考を変えるため、心理学や哲学の本を読むことも有効です。

語学はコスパが悪い

将来、転職に役立つかもと英語や中国語の勉強をする人もいます。

「外資に吸収されるかも」と語学を勉強するなら良いですが、転職のために勉強しても意味がありません。

転職で重視されるのは、経験です。その分野での経験が長く、かつ英語を話せるなら加点するという感じです。

英語が必要な分野で、転職する場合は、加点対象になりません。

英検やTOEICで評価してもらえるのは、新卒だけです。(TOEICを雇用条件にしてる場合は別)

中国語のニーズが、英語ほどない理由

語学で要注意なのは「中国語」です。

わたしの考えでは、話せてもそれほど得することはありません。

例えばホテルのフロントをみると、中国語を話せるネイティブを採用してます。

日本では、中国人が多くいるので、わざわざ日本人を雇わなくてもよい状態です。

ここが、英語を話せる人との違いです。

語学で転職するなら経験とセット

中国に旅行するために勉強するなら良いですが、転職のために勉強するのはどうかなと思います。

もちろん仕事で中国語が必要な人は勉強すべきです。ただそれは自分磨きではなく、社会人として当たり前のことです。

「資格」も語学と同じです。転職では経験重視なので、「もしかして将来役立つかも」と勉強しても、そのも「もしかして」は来ない可能性が高いです。

例外は、看護師や弁護士、そして危険物取扱者など理系の資格です。

 

読書で「思考力と「読解力」を鍛える

女磨きとして「勉強」を選ぶなら、「思考」を強化する読書が良いですよ。

ビジネス書にのってるようなことは、賞味期限がすぐきます。

技術の進歩によって、すぐ使えない情報になるからです。

それよりなら、長く使えるほうがコスパはよいわけです。

普遍的なものとは「思考力」です。

考える力さえあれば、時代が変わっても、柔軟に対応できます。

それと騙されにくくなります。

「だます」といえば詐欺師と想像するかもしれませんが、それだけではありません。

ネットででてる広告だって、冷静に考えれば必要ないものを、恐怖心をあおって買わせようとしてるわけで。

 

読書を続けてれば読解力もあがります。

考えなくてもできる仕事は、将来AIによって消える可能性が大です。

AIが苦手な分野が、「読解力」なんです。

特に日本語は、曖昧ですから。教科書の内容を理解できない学生が多いとニュースにでてました。

読書で読解力をつけることで、AIが発達してきても、仕事を奪われない力がつくかもしれません。

こういう部分にエネルギーをさいたほうが、自分磨きになりますよ。

おすすめ本

・知的トレーニングの技術〔完全独習版〕 (ちくま学芸文庫)

・知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)