自己投資は美容が最強!20代女性の勉強はコスパが悪い

20代は自由になるお金が増えるので、自分への投資を考える女性が多いです。

時代の流れが早くて、就職した会社が5年、10年先に存在してるかも怪しい。

結婚するにしても、お一人さまで通すにしても、自分磨きはしておくべきですね。

ただ、やっても意味がないものが多いです。

日中は事務の内勤、夜はバイトをしながら
100以上の自己投資に時間とお金をつぎこみました。
美容ほどコスパの良い自己投資はありません。

容姿とか体型関係なく
かけた分だけ、仕事や恋愛で元はとれます♪

この感動と経験を自分だけのものにするのはモッタイない。

過去の自分のように、言葉にできない不安や、
不満や虚無感、なんとかしたい!
と過ごしてる女性は多いと思います。

自分の体験が役立つのではないかと考え、まとめることにしました。
あなたの参考になれば嬉しいです。

時間やお金を投資するなら、リターンの大きいものが良いですよね?

女の自己投資は「美容」が最強です!

その理由と、具体的にどうすれば良いのかを話します。

(最終更新日:2019.8.6)

20代女の自己投資(一般論)

机で勉強する女性
ネットや雑誌、本で調べると20代女性が自分への投資に何をしているかが分ります。

・勉強
・美容
・料理
・旅行

これら4つが大きな枠組です。特に目新しい情報ではないと思います。

 

「勉強」は、語学、資格取得が中心。

中学や高校英語をやり直す、TOEICを受ける、英会話教室に通うなどです。
資格試験は販売登録者、簿記、FP、カラーコーディネーターなどが人気。

 

資格ではありませんが、ユーキャンのペン字講座も働く女性に人気です。

「文字は人を表す」と言われており、コンピューター全盛の今でも地味に役立ちます♪

【用途】

・雑貨屋や本屋で見かけるポップ

・お願いや伝言を付箋に書いて残す

 

コスパの悪い自己投資が多い

仕事と関係ない勉強は昇給/転職に効果なし

自己投資としての勉強と仕事のリターンが生まれる関係の図。左右の円が交わる

▲「勉強」と「仕事」の理想的な関係

 

自己投資としての勉強と仕事でリターンが生まれない図。左右の円が交わらない

▲実際は、、、

MEMO

業務と連携できない勉強はリターンが少ない

一番コスパが悪いのは「勉強」

「みんなやってるから」と不純な理由で始めると何の役にも立ちません。

「どんな勉強をしてきたか」が評価されるのは新卒まで。

 

「資格」で人生変わるかは微妙

stockfoto_65948215_xs

注意

「資格があれば転職できる」は間違い

転職は、採用するメリット(はっきりいえば利益)があるかないかで判断されます。

人材を育てる企業は少なく、即戦力になるかどうかで判断します。

 

転職するにしても、業務(経験)に関連した資格じゃないと、採用側は評価しません。

理系資格は面接官に評価されることが多いです。

「登録販売者」が人気なのはそのため。

MEMO

登録販売者とは:薬剤師の不足を補うために誕生した資格。一部のコンビニ、ドラッグストアでの採用が期待できる。

しかし行政書士、社労士、FPなど文系の資格では、転職に有効活用できるかは微妙。

実務経験なし、資格だけで転職はうまくいきません。

経験を重視しないケースもありますが、転職前よりも給料が下がります。

 

採用基準に経験を重視しないのは、猫の手も借りたい人手不足だから。

 

収入が落ちてもチャレンジしたい、結果責任を問われたくないなら、そういう企業への転職もアリかもしれません。

 

転職ではなく独立なら、、、

YouTuberやブロガーになるのはリスクが高そうですが、ショップやスクールをやってみたい女性は多いのではないでしょうか?

資格やスクールといえばカラーとかアロマが有名です。
独立してお金を稼げるのはほんの一握り。

本業で食べられないからスクールをやっている店もあります。
本当に好きならいいのですが、資格業界にのせられないように注意しましょう。

 

勉強をがんばれば、将来のリターンが期待できるのは学生まで。

 

MEMO
学歴で稼げる上限がほぼ決まる

「学生のころ、勉強ができなかった」という成功者は多いです。
経営者、ユーチューバーやブロガー、キャバ嬢。。。

 

もしかしてワンちゃんあるかも、と思いたくもなります。
ただ、自分がその器なのか、よく考える必要があります。

あなたをバカにしてるのではありません。
人間には向き不向きがあると言いたいのです

 

英語、中国語を勉強してみる

語学も人気ですが、本当に外国人と話したいのか?

目的があって勉強してるかが大事です。

ただ転職に有利だからと勉強しても、うまくいかないでしょう。

教師にでもならない限り、語学は専門スキルと組み合わせないと使えません。

言葉は手段にすぎないのです。

 

注意
英語を武器にするなら、TOEICで最低800点ないとムリ

新卒なら600点がボーダーですが、転職には少なすぎます(英語力をアピールする場合)

800点を超えられるないと
お金と時間の浪費になりかねません。

しかも、、、

TOEICの点数は、書類審査で見るだけ。
話せないと評価されないので、ハードルはもっと高いです。

趣味ならよいですが、人生かけるなら、勉強以外に投資したほうが賢明です。

※TOEIC800点以上がなくても、それまでの経験で採用されるケースはあります。

 

注意
中国語は英語よりもコスパが悪い

じゃあ、「中国語は?」と思うかもしれませんが、もっと厳しいです。

理由は、中国語を話せるネイティブの調達が楽だから。

アルバイトでやとったほうが早いのです。しかも、20代、30代の日本人よりも、仕事に対して真面目だと、評価が高いと耳にします。

さらに拍車をかけるのが、同じ中国語でも、方言がけっこうあること。

大きく7種類ありますが、それ以上の方言があると言われてます。

中国の国土面積は日本の4倍!地域が変わるとネイティブでも分からない言葉もあるぐらい。

とても日本人の入るスキなんてありません。英語よりも中国語はコスパが悪いです。

「仕事に関係なさそうな教養こそ、社会人には大事!」と聞いたことがあるかもしれません。

たしかに、歴史や哲学などの教養はナイよりあったほうが良い。

ただ管理職や経営者なら勉強しても良いと思いますが、20代に直接のリターンは少ないです。

料理ができると男が協力しない

料理教室は20代女性の自己投資でも上位にランクインします。

ただ、目的がないのに通っても時間とお金のムダです。

 

料理ができるメリットとデメリット

・保存料の多いコンビニの弁当を食べなくて済む
・うまく工夫できれば食費が減る

健康や節約のメリットが期待できます。

 

昔は「料理のひとつもできない女は結婚できない」と言われました。

”お袋の味”と言われる定番料理を、うまく作れるだけで他の女性よりも評価が高い時代がありました。

でも今は、そういう感覚が男性にはありません。

 

「料理が得意」とアピールするのは逆効果!男性が家事に協力してくれません。

少し頼りないぐらいのほうが、「しょうがないな」と手伝ってくれますよ。

 

料理は作るのは楽しいですが、後片付けも含めて時間をとられます。

休日に作るならまだ良いですが、仕事が終わってから作るのは心が折れます。
(同棲中とか結婚してる人ならわかると思います)

「ネイルしてる手で料理するって不潔じゃないの?」とか、意味不明なことを言う潔癖男子もいます。

料理は独学でマスターできる

昔は本や誰かに習うぐらしか、料理を勉強できませんでした。

でも今は、ネットでレシピ、作り方も動画もみられます。

その気になれば料理は独学で習得できます。

 

偉そうに言ってますが、スクールの資料請求したことあるんです。

友だちが通ってるので話を聞くと、「家では料理しないんだよね」。

 

「えっ、入学金いれたら10万近くでしょ。もったない気がする」と私が聞くと、、、

 

「後始末が面倒」

「彼氏のほうが料理うまいから」

 

「じゃあ、なんで通うの?」と聞くと

「とりあえず、、、」

 

「なんかやらないと不安」と言うのです。

そのとき、自分も同じ理由で不安なんだと分かりました。

 

けっきょく、ユーチューブで全てが解決すると知り、独学でやりました。

注意

「とりあえず何かしないと不安」

だから習い事を始めるのはNG

 

自分の健康、美容のために料理を勉強することは良いことです。

でもお金と時間をかけて習う必要性は感じません。

旅行は浪費。ストレス発散ならok

「旅行」は自己投資のなかでも1,2位を争うほどの人気ぶりです。
しかし、多くの人はリフレッシュ効果はあっても、人生に影響を与える旅はできてないでしょう。

 

自己投資としての旅とは、現地の人と話したり生活にふれる、歴史にふれ過去を学び未来につなげる行為です。

 

こう言ってはなんですが、ほとんどの人が「旅してる自分」に充実感を求めてるようにしかみえません。

旅行中でも、「インスタばえする写真はないかな~」と考えてませんか?

もちろん、楽しむ旅行を否定はしません。
「自己投資として意味があった?」と言いたいだけです。

女の自己投資は美容が最強!

美容で多いのはエステ通い、値段が高めの化粧品を使う、美顔器を買うなどが女性には多い自己投資。

わたしが20代女性に一番おすすめしている自己投資も「美容」です。

一番リターンが多く、つぶしがきくお金の使い道です。理由はあとで話します。

美容が自己投資によい理由

20代は、わたしも、勉強・美容・料理・旅行に自己投資しました。

「やっておいて良かった!」と思えたのは「美容」だけ。

何となく不安になる

20代後半にさしかかったころ、言いようのない不安に襲われました。

仕事や恋愛の悩みもたしかにありました。ただ、それとは違う何かが25歳あたりから生まれました。

なにか物足りない。10代のころに夢に描いた自分はこんなもの?
という虚無感。
理由はないけど「何となく不安」という表現がピッタリでした。

  • このままじゃいけない
  • 人生変えたい
  • 生まれ変わりたい

↑こんな言葉をノートによく書くようになりました。

勉強、運動、料理、旅行、、、美容。考えつくものは全てやりました。

過去を振り返って、何が自分を一番大きく変えたかを考えると、「美容」でした。

努力だけで自己実現はムリ

「自分の努力+相手の行動」がセットにならないと自己実現できないことがほとんどです。

例えば、28歳までに結婚したいとして、彼氏を作ることが出来たとします(=自分の努力)
ただ、相手の気持ちが結婚に向かないと、目標は達成できません。

恋愛だけでなく仕事も同じです。

あなたが希望の部署に異動したいとします。どんなに仕事をがんばって結果をだしても、上司に認められなければ、異動は難しいでしょう。

恋愛も仕事も、自分の努力だけでなく、相手に選んでもらえることが必須です。

では、どうしたら選ばれるかですが、「運」が大きいです。

「それじゃ、どうしようもないじゃない!」と怒る人もいると思います。安心してください。

「毎日神社に通ってください」とか「この石を身につければ運がよくなります」と言うつもりはありません。

美肌は人を動かす

相手に選んでもらうために。20代の若さ、美しさを最大限にアピールできるのは「肌」です!

肌をみれば、その人の生活習慣が分かるという美容専門家もいます。

たしかに睡眠不足だと、肌はくすんでどんよりしますし、外食やコンビニ弁当ばかりが続くと吹き出物や肌荒れがひどくなります。

肌がきれいだと、健康的、元気、がんばってる、清潔感がある、、、とプラスの印象を与えられます。

事実はさておき、大事なのはプラスの錯覚をしてもらうこと。これだけで、無用なトラブルを回避、恋愛や仕事で自己実現できる可能性を上げます。

20代の自己投資、コスパが一番良いのは「脱毛」

ムダ毛がないのは当たり前、ツルツルにきれいな肌こそ
今女が手にすべき武器です!

肌がきれいなだけで、雰囲気が違ってみます。

夏の薄着の時期はとくにそうですが
きれいな肌とそうでない人の差は歴然です。
同じ世代の女性でも、全然ちがいます。

自己処理を続けると、カミソリ負けして赤くなったり
脇なら黒ずみが酷くなる人もいます。

異常気象で、平均気温もあがってますし
自信をもって肌を露出できるようにしておきたいです。

・二重じゃない、
・顔が大きい
・ぽっちゃり体型とか

女性ならみんな
どこかにコンプレックスがあると思うんです。

肌がツルツルにきれいだと
気にしてる部分をふっとばしてくれるぐらい
プラスの効果があります。

自分に自信がつくと、口にする言葉
同じ日常でも感じることが違ってきます。

毎日、同じことの繰り返し
なんか会社に利用されてるだけのきがする
つまらない、こんなはずじゃなかった
もう手遅れ、人生やりなおしたい

こんなことを毎日思ってました。

脱毛して、ツルツルの肌になってからは
自分に自信がついて、気持ちがグーと上がりました。

その空気感が社内に伝わったおかげで
前からやりたかった部署に異動できました。

いいなと思ってた男性とも話すチャンスが増えて
最終的には、告白されてつきあうことに。

「脱毛ぐらいで、そうなるかね(話がうますぎ)」
と思うかもしれませんが、ウソだと思ってる人ほど
チャレンジしてほしいです。

美容に自己投資してみて分かったのですが
人間がチャンスをつかめるかどうかって
ほんの1ミリ、2ミリの差じゃないのかなと。

人は、他人をじっくり観察してるのではなく
「なんとなく」見てこういう人だと錯覚してると実感。

印象操作するなら、メイクやファッションのほうが良いのでは?
と思うかもしれません。

たしかに、好きな男性の好みのメイクやファッションにするなら
効果はあります。

しかし、メイクやファッションの好みは、個人差がありすぎて
不特定多数の印象操作にはコスパ悪すぎ。

誰でも「肌がきれいな人の印象」は良いので
一番コスパが良いのです。

夏の薄着になる季節だけでなく
肌を露出する部分はありますからね。



↑はじめて脱毛するなら、店舗数が多い大手の「ミュゼ」が最適です!

わたしは、サロンとクリニックの両方を体験しましたが、総合的に「サロン」が良かったです。

脱毛は1回で終わるものではないので、場所選びは大事!

クリニックは店舗数が少なく、通いやすい所が見つかりにくい。
サロンは店舗数が多いので、地方に住んでても探しやすいです。

脱毛がはじめての人は、分からないことが多いと思います。

ミュゼの無料カウンセリングで何でも聞けるので
とりあえず話だけも聞いてみると良いですよ~

強引な勧誘もありませんので、安心です。

ミュゼ/全国192店舗&24時間予約・変更可能