25歳女性がやるべきこと@課題は「仕事」「美容」「お金」の3つ!

25歳の女性がやるべきことを「仕事」「美容」「お金」の3つに分けて解説します。

「自分はこのままでいいの?」
「変わりたい!」
「自分磨きがしたい!」

こんなはずじゃなかったと後悔したり、可もなく不可もなくて逆に不安になったり。

勢いでがんばってきた20代前半にはない悩みが25歳になると生まれます。

このページでは「仕事」「美容」「お金」の3テーマに分け、
言葉にしにくいモヤモヤを解決する方法をまとめました。

あなたの悩みを解決する参考になればうれしいです。
(この記事は2019年1月4日に更新されました)

仕事を続ける?転職も検討する

25歳といえば、大卒なら社会人として約3年は経験してる年齢ですね。
(ぼかしてるのは留年、浪人などの理由)

25歳から転職需要が増える

今の仕事を続けるかを真剣に考えるべき時期です。
就職して3年経過してれば、アナタの「企業への定着性」と「社会人としての基礎能力」を他企業に認めてもらえます。

 

「企業への定着性」というのは、もし自分のところに採用しても、すぐに辞めないかをはかる大事な指標になります。

務めた期間が3年未満だと、正当な理由があれば別ですが、「こらえ性がない」とマイナス点をつけられます。

 

「25歳は転職の準備をはじめるタイミングとして一番良い」と覚えておいてください。

これ以上いると、少しずつ社内の責任が増えて、辞めづらくなります。
勤務経験が3年~5年の範囲の人が転職に一番良い時期です。

 

なにもしないと収入は増えない

saya072155409_tp_v

あなたは今の年収に満足してますか?極端に少なくありませんか?

25歳の平均年収は女性の場合312万というデータがあります(転職サイトDODAより)
同じ年齢でもキャリアによって適正価格は変わりますが、ひとつの指標になります。

 

大卒で300万を切るなら転職も視野に検討しましょう。
今の給料に不満はあるけれど身分相応などと諦めていませんか?

アナタは新入社員ではありません。25歳の立派な社会人です。
自分の能力よりも環境に問題がないか疑ってもよい年齢ですよ。

 

「どうせ、私なんて有名な大学を卒業してないから高望みしても、、、」
なんてあきらめてませんか?

年収300~400万は高望みではありません。
このぐらいの金額なら学歴は関係ナシ。

だす会社はいくらでもあります。

 

動くなら今が絶好のチャンスで、これを逃すと下りのエスカレータしかありません。
じっくり悩むことも重要ですが、ときを逃すと戻れませんので注意してください。

 

今の職場に不満はあっても行動できない女性をたくさん見てきました。

「数年で会社を辞めるのは悪いこと」
と会社や上司に洗脳されてませんか?

アナタのことを心配しているようで、実際は何も考えていません。

 

会社は安く使える駒を少しでも長く維持したい、上司は自分の昇進にマイナス点をつけないためにひきとめる。
ただそれだけ。

社員、部下の心を掌握するための研修が管理職には行われます。

 

会社に不満があっても、行動するのが面倒、怖いという理由で楽なほうに逃げ込んでいませんか?

今は苦しくても頑張れば報われる、途中で投げ出すのは悪いことだと思い込んでませんか?

それこそ社畜としてアナタをボロボロになるまで使い込もうとする、企業の洗脳にかかっている証拠。

 

我慢してどのぐらいたちますか?

1年、2年、、、いつまで待ってもその日は来ません。
来るならすでにアナタは満たされてるはず。

 

一生待っても訪れることのない”そのとき“を狭い空間で待ち続け、さも正しいことであるかのような価値観をおしつけられ洗脳され続けますか?

まずは狭い空間から離れ外部の情報に多くふれてください!

 

すると思い込みや洗脳から自分を解放することができます。

使命感で続けても誰も得しない

tc160130090i9a6530_tp_v

もし今勤めている会社がブラック企業ならば勇気を持って転職しましょう。

1ヶ月の残業時間が半端ない
残業代がきちんとでてない
給料そのものが満足にでない

今アナタが待遇に疑問を感じてるなら迷わず辞めるべきです。

 

裁判所に訴えることもできるでしょう。
仮に勝訴して不当に支払われなかった分のお金を手にしても、そこにとどまる理由はないでしょう。

ならば速やかに離脱して、新しい道を探すことが得策ではないでしょうか?

 

ブラック企業といえば、悪い経営者が従業員を不当にこき使うイメージがあると思います。
たしかにそのパターンが多いのですが、要注意なのは善人のふりした経営者です。

「本当に申し訳ない」という誠意はみせるけど、結果(つまりお金)がもらえないパターン。

 

大企業ではありえませんが、中小企業だとありえるパターンです。

こういう会社もブラック企業であることを、強く認識してください。
そして逃げる準備をしてください。

ここで義理人情、プライドでアナタがとどまっても、経営は上向きにならないでしょう。
本来はつぶれるべき会社が残り続けることで、結果的に客が不利益を受けることもあります。

成人式のニュース(着物が着られない)は記憶に新しいところではないでしょうか?
※悪いのは経営者であり、残って対応した社員を非難するつもりはありません。

 

注意
現状維持ほどリスクが高いものはナイ

 

キャリア構築のため社内営業する

上司に社内営業する25歳の女性

転職するしないに関係なく、自分の理想のキャリア構築にむけて行動するべきです。

少しでも自分の目指す方向性と合致する仕事にかかわるために、社内営業をするのです。

 

評価システムがどの企業にもあると思いますが、現実は「上司の推薦」で決まってます。

縁故採用なんて、そのさいたるものです。

 

入社当時は、先輩から与えられた仕事をこなすので精一杯だったと思います。

今は職場にも慣れてきたと思います。

少しずつ自分の希望を社内に浸透させましょう。

 

じゃないと、あの人に頼めば何でもやってくれるだろう。。。と都合のよい人になってしまいます。

勤務年数は長いけれど、自分の目指すキャリアからほど遠くなるのは悲しいですよね?

 

「なにも上司に直談判しましょう」とは言ってません。

それでは使いにくい部下の烙印をおされます。そうではなく、軽くアピールするだけ。

 

1回のアピールタイムは短く、その代わり小まめにして脳にすりこむ。

すると、いざ人選になったときに、推薦してもらいやすくなります。

 

脳のすり込みによって、頼まれたから推薦したのではなく、適材適所の人選をしたと上司は思い込みます。

地味に、ここ大事です!

 

与えられた仕事をこなしてれば、いつかチャンスがくると思ってるかもしれません。

たしかに、そういうこともありますが、会社の体質や人しだいです。

「きっと誰かが自分を見てくれてる」と理想をもつのは自由ですが、現実はどうなのかをじっくり考えましょう。

社内営業といっても、上司を誘って二人っきりで飲みにいくのはNG(女性の上司ならok)

「1回エッチさせてくれたら」とか言う最低の男もいます。単身赴任の上司は特に注意!

「お金」の勉強をする

csss85_kangaerujyosei20131019-thumb-autox1600-16694

20代後半に入ったら女性はライフプランを明確にしないといけません。
重要なのが「結婚するしない」。

生涯未婚時代に備える

50歳時点で未婚の女性の比率(生涯未婚率)は男性が23.37%、女性が14.06%あります。

1920年から2015年までの生涯未婚率の推移を表す折れ線グラフ

人口統計資料集「Ⅵ.結婚・離婚・配偶関係別人口」

「表6-23 性別,50歳時の未婚割合(生涯未婚率),有配偶割合,死別割合および離別割合:1920~2015年」より作成

MEMO
生涯未婚率とは?

・50歳時点で一度も結婚したことがない人の占める割合
・男性は5人に1人、女性は7人に1人

 

結婚相手がいないと話は始まりません。
なので「ご縁があれば」と成り行きまかせになりがち。

 

たしかにご縁は大事だし、25歳で焦る必要もないでしょう。
しかし結婚とお金は分けて考えるべき。

結婚は30代になってもできます。
相手さえいれば。

しかし収入アップのための転職は30代からでは厳しくなります。

 

仮に独身のまま30代に入ってお金に余裕はありますか?
他人と年収を比較してもキリがありません。

大事なのは独身のまま余裕をもって生活できるかを考えておくこと。

年金で生活資金のすべてをカバーするのは厳しく、平均寿命も伸びてます。
将来の計画をたてておかないと、お金が足りなくなります。

 

昇給の見込みがあって、貯金もできるなら問題ありません。
無理そうであれば今よりも待遇の良いところに転職して貯金するべきです。

n695_ichimanensatu_tp_v

25歳になると、、、
将来が不安、自信がなくて勉強を始める女性が多いです。

専門業務に関連しないものを勉強しても本業にリターンがありません。

 

転職の場合も同じで、取得するだけでは採用されません。
大事なのは基礎能力と相手に与えられるメリットです。

資格だけで、面接官があなたを採用することはありません。
今までの業務経験とリンクしてるとプラスに評価します。

ただ資格を取得して評価されるのは新卒の就職活動だけなので注意してください。
※看護師や介護師などの資格は別

 

「FP」のテキストがおすすめ

貯金するだけでなく、将来をみすえたマネープランを作れるぐらいの基礎能力をつけましょう。

別にセミナーに通う必要はありません。
書店で気に入った本を数冊購入して読めば良いです。

基礎知識がついたらFP(ファイナンシャルプランナー)のテキストで勉強しましょう。
資格を取得する必要はありません。

 

FPとは?

わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。

これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクターR」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。

日本FP協会「ファイナンシャル・プランナー(FP)とは?」より

 

英語の勉強はどう?

英語の勉強をしてる人も多いと思います。

すでに仕事で使ってるなら良いですが、英語を武器に転職しようと思ってるなら要注意です。

TOEICで最低800点はないと厳しいです。(武器にするなら)

もちろん、英語がが話せる前提です。

TOEIC900点台でも、話せない人は多いですから、かなりハードルは高いですよ。

最初に書いた通り、25歳から転職を視野にいれるべきです。しかし、武器を間違えると、失敗するリスクが高くなります。

わたしの言う、転職の失敗とは、「不採用」だけでなく「採用はされたけど年収が下がる」ことも含めてます。

 

「英語がダメなら中国語は?」と思うかもしれません。

残念ながら英語よりもコスパが悪いのが中国語です。

理由は、中国語を話せる人が日本には多いからです(ネイティブ)

同じ国でも言葉が多数あるので、業界によってはネイティブじゃないとさばけないケースも多いです。

しかも、日本人よりも真面目に働く人が多いようで、中国語を武器に企業務めするまでの道のりは険しいですよ。

美容関連を見直す

セルフチェック

女にとって「25」は特別な年齢です。
四捨五入したら30になる数字という意味は大きいのです。

顔やカラダをふくめた全体的な容姿が変わり始めるが25歳の女性です。

  • 体力が低下、ちょっとしたことで疲れる。
  • 寝ても疲れが残る。
  • 目の下のクマや肌のたるみなど、老化が表面化。

放置しておけばやがて一気に老け込みます。

 

自分がキレイだと実感できるメリットは大きい

結婚するなら彼氏が必要になります。

男性にモテるかどうかはアナタの内面が重要ですが、容姿もそれと同じくらい大事です。

恋愛で大事なのは心だと思うのは自由ですが、現実から目をそむけていると結婚適齢期を逃し、30代、40代で婚活することになるかもしれません。

 

美容に投資するメリットは、恋愛だけに限りません。

肌をきれいにするだけで、他人のあなたに対する印象が変わります。

外見から受ける印象が上がるだけで、そのほかの評価まで上がります(特に男性から)

上司からは「仕事をがんばってる」と評価され、お客さんからは「この人から買いたい」と思ってもらえます。

これは実体験です。25歳になって、このままじゃやばいと思って仕事に全力投球しました。恋愛もがまんして、睡眠時間を削って英語や簿記の勉強もしました。

そこそこ営業成績は良かったのですが、お客様からも上司からも、思ったほど評価されてない現実にぶちあたりました。

それから考え方を変えて、仕事に関係ない勉強はやめて、美容に自己投資をはじめたんです。

仕事で評価するのは男性だから、どうしたら印象がよくなるかを研究しました。

職場でできるヘアスタイルやファッションは制限があります。個人の好みも分かれるので、費用対効果は薄いことがわかりました。

じゃあ、なにが一番効果があったかといえば、「肌をきれいにすること」。

濃いメイクよりも、ナチュラルメイクのほうが清潔感を与えます。(※メイクを薄くするだけでは意味がありません。素肌をきれいにするのが先)

肌のくすみが消えるだけで、印象が明るくなります。「最近、明るくなったね」と言われ始めるのと同時に、上司からの評価も、営業成績も爆発的に伸びました。

こんなことってあるの?と自分でもビックリしました。

 

容姿を整えることは男性のためだけではありません。
社会人として自信をもって生きていくのにも絶大な効果を発揮します。

年齢を重ねる自分がしたいヘアスタイルができない、好きな洋服が着られない女性が増えてきます。

 

加齢の影響で髪が細くなりボリュームがダウンしたりで好きなヘアスタイルよりも、薄毛を隠す髪型にしないとダメになるのです。

25歳になると代謝がおちるので肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅れがちで肌が汚くなります。

 

毛穴の目立ち、くすみ、白さが失われて黄色ががかる、乾燥しやすくなるなど。
そして胸が垂れて太りやすくなります。

自分が着たい洋服ではなく体型を隠すために服を選ぶようになります。

 

こうありたいと思う理想像からどんどん離れていき、相手の視線が気になったりしてコンプレックスが大きくなっていきます。

25歳になったらアンチエイジングも含めて今までのスキンケアやボディメイクを見直しましょう。

 

Stunning brunette beauty sitting on a chair

美容の自己投資で一番リターンが大きいのは脱毛です!

 

胸の大きさや脚の長さなど、体のパーツは整形しない限り変えられません。

でも肌は努力すれば理想の状態にできます。
顔のうぶ毛を脱毛するだけでも、明るさが全然違ってきます。

注意
ムダ毛の自己処理を続けると肌がどんどん傷む。

脇や脚の皮膚がボロボロになると、水着やドレスだけでなく、ふだん着る洋服も制限されてしまいます。