26歳女性がやるべきこと@社会人3、4年目の課題は転職・貯金・結婚

26歳といえば社会人3年~4年目あたりの女性が多いと思います。仕事の基礎力がついてキャリアアップや結婚などライフプランについて真剣に考え始める年齢ではないでしょうか?今回は26歳の女性がやるべきことを解説します。

転職するしないを考える

社会人3年~4年目というのは転職するなら絶好のタイミングです。「まだ早い?」「もう遅い?」と同じ年齢の女性に聞いても答えはバラバラですけど。

26歳は転職に適している年齢です

26歳というのは社会人の基礎がついていて、なおかつ勤務中の会社に染まっていない時期です。なので採用する側の企業も条件さえあえば欲しいと感じさせる年齢なのです。

アナタが30歳になると状況は変わってきます。社会人としての常識のほかに企業の染まっているので、採用しても自分たちの考え方に従ってくれるか不安が残るわけです。

ブラック企業からは逃げる

今勤めている会社に対して「給料が少ない」「残業が多すぎる」「ブラック企業」など不満があるなら転職を視野にいれて良い年齢です。

不満はないけれども将来性を感じないなら転職を考えても良いでしょう。

組織やシステムが崩壊してるところも、ある意味ブラックです。

わたしの知ってるところでは

  • 組織系統がなってない=問題の責任者が曖昧で、どこに相談すれば解決するのは分からない
  • 受注システムのエラーで物が届かない。(いつまでも修正されず、手動でなんとかしてる)

↑こういう会社もブラックだと思ってます。

最近は分社化、買収が多いので、組織系統やシステムの変更にともなうエラーがでてる所が多いと感じます。

社員の結束を固める飲み会は多いけど、肝心の問題は無視もしくは「そっちでなんとかして」ぐらしか言わない管理者が多い。

 

異業種への転職はラストチャンス

30代になると未経験分野への転職はかなり厳しくなります。

別の業界に行きたい場合はラストチャンスだと思って転職してください。未経験の業界に転職する場合は、現在よりも年収がダウンすることを覚悟しないといけません。

一時的なダウンはあっても26歳なので、努力しだいでリカバリできます。

今は経理だけれども本当は英語を武器に仕事をしたかったなど、今いる業界は将来はコンピューターにとってかわられるので将来性を感じない。。。など不安や後悔を残しながら30代を迎えるのか、トライしてみるかをじっくり考えてみましょう。

転職のキソ

(1)会社をやめない

転職活動は、今の仕事を辞めてから、、、というルールはありません。よほどの理由がないかぎり、続けながらやるのがベストです。

 

自分を追い込むために辞める人もいますが、続けながら転職活動するメリットもあるのです。

ひとつは、お金のリスクヘッジ。あと半年で再就職しないと、生活できなくなる。。。という焦りで、転職活動がうまくいかないこともあります。特にメンタルが弱い人は注意してください。

自分を安く見られないようにする効果もあります。無職だと、足元をみる面接官もいます。

 

(2)コネがないなら転職サイトに登録

転職先はコネがあれば一番良いのですが、ない場合は転職サイトに登録するのが一番よいです。

求人案内だけでなく、職務履歴書など提出書類を添削してくれたり、相談にのってくれる所もあります。

 

(3)情報漏れに気をつける

転職の情報収集は家でやるようにしましょう。会社のパソコンをつかえば、検索履歴が残りますし、いつ誰に見られてるかも分かりません。

変なウワサが社内にひろがれば、居づらくなります。スマホに転職関連の電話番号を登録するのも控えたほうが良いですよ。

 

(4)ハイテンションなときこそ体を気づかう

仕事と、転職活動を同時にやるのはキツイと思うかもしれません。しかし、やってみると、頑張れるものです。

個人差はありますが、この場所からでていきたいという想いが、カラダを支えてくれます。とはいえ、気持ちだけでは体力は持ちませんので、睡眠や食事のバランスなどにも気を使いましょう。

 

(5)面接の鉄則

面接でなにを聞かれるは気になると思いますが、これを守れば大丈夫!という鉄則を教えます。

それはズバリ、「悪口を言わない(ぶっちゃけない)」ということです。

 

「いま勤めてる会社は△△で、御社は○○なので、、、」と面接先の企業をもちあげるために、いま勤めてる(もしくは勤めていた)会社の悪口になることは言わないことです。

 

正直に言えば、プラスになると考えてる人もいますが、ケースバイケースです。

悪口、マイナスな言葉は使わないことです。仮に面接官が誘導(ぶっちゃけトークを)してきても、乗らないこと。確実にワナですから。

 

(6)「やりがいがあるから」は低賃金で働く理由にはならない

思ったよりも転職は簡単だった♪ そう感じる人が多いです。

もちろん、転職サイトに登録したら確実に成功するという保証はありません。しかし、心のブレーキがかかってる人が多いので、いまヤバイと思ってるなら行動したほうが良いですよ。

 

今より自由になる時間とお金が増えれば、貯金も増やせるし、好きなことができます。

仕事のやりがいは重要ですが、「収入なくして生活ナシ」というのも26歳なら自覚しないと、30代、40代の自分が描けなくなります。

やるなら今です。

資格の勉強はよく考えること

自己投資といえば「資格」を思い浮かべる女性も多いでしょう。わたしはあまりオススメしません。理由はリターンが見込めない、あったとしても少ないからです。

自分の業務に関連のある資格を習得して昇進、昇給を狙う、もしくは転職するのはアリです。

 

いずれにせよ「資格×業務経験」じゃないと、効果が薄いことを忘れないでください。資格を取得るけで、企業が評価するのは大学生の就活以外ありません。

※この例外は看護師や介護師など

資格を取得して独立するのはさらにハードルが高いです。行政書士や社労士をとってもご飯を食べていけるかは市場や経営センスが関わってきます。

大学を卒業して社会人1年目から貯金をがんばってる人もいれば、26歳でも貯金ゼロの女性もいます。年収や、実家暮らしか一人暮らしかでも貯金額に差が生まれます。

一人暮らしなら給料の2割、実家暮らしなら3割を貯金したいところです。20代女性は最低でも生活費の3ヶ月分を貯金するところから始めてください。そして30代までに給料の1年分をためるのが目標です。

固定費を見直す

一人暮らしを始めてから家賃、光熱費、電話代などの固定費をそのままにしてませんか?新しい料金プランや新規参入会社に変更することで固定費を大幅に節約できます。貯金を増やすためにも不要な支出は見直しましょう。

・電気代を安くする
アンペアの変更で基本料金が変わります。一人暮らしで30アンペアだと多すぎるかもしれません。状況に応じて見直してみましょう。

電力自由化で、契約会社を変更することで電気代そのものを安くできる場合があります。お住いの地域にもよりますが検討してみる価値はあります。

・電話代を安くする
ドコモやau、ソフトバンクはスマホだけでも維持費が6000円以上はかかる人が多いと思います。機種変更時に適切なプランの見直しもしてもらいましょう。機種変更時だけでなく最低でも1年ごとにプランの見直しはしたほうが良いです。

格安SIMも検討する

スマホの使い方によっては3大キャリアの高い料金を支払続けるのは馬鹿らしくなることもあるでしょう。電話はあまり使わない、家にWi-Fiがある、外ではLINEと軽くネットが見られればが良いぐらいなら格安SIMで運用すれば維持費は2,000円もかかりませんよ。

結婚について考える(今彼氏がいなくても)

現時点で彼氏がいるかどうかはさておき、結婚についても考える年齢です。仕事がおもしろい時期なので、自分が結婚するなんて想像さえできないかもしれません。何か熱中できるものがあるのは素敵なことです。でも考えてほしいことは、日々衰えていくことです。

今は強気でも、30代になれば状況が違ってきます。代謝が落ちて太りやすくなるし、髪の毛も薄くなります。シミやシワも目立ち始めたりと下りのエスカレーターに乗っていることを忘れないようにしてください。

とは言うものの、26歳で結婚を無理に考える必要はないででしょう。ただしこれだけはやっておいてほしいことがあります。

一番リターンのある自己投資は脱毛

それは脱毛です!こう言うと驚かれるのですが、20代女性の自己投資で一番リターンがあることは資格でも英語でも旅でもなくて脱毛なんですよ。これ間違いないです。

 

26歳だと高価な化粧品を使うほど肌は衰えていません。皮膚の衰えが比較的浅い今のうちに脱毛費に回してしまうのが得策です。あと数年もたてば、今度は基礎化粧品代がかかるようになりますから。

 

仮に数年後にあなたが結婚したら自由になるお金があるかも定かではありません。できちゃった結婚で、いきなり出産、育児生活に突入するかもしれません。

年齢を重ねるほど女性の人生は子ども中心になる可能性があります。今のうちに自分の体への投資をしておくべき。

ムダ毛処理が甘い女はモテません!

Sensual woman kissing her handsome husband

可愛い、色気がある、、、と男にモテる女性でも、エッチしたら幻滅される人は多いのです。原因は彼女のムダ毛処理があまかった、毛の濃さで萎えてしまった(汗)

 

もちろん毎日きれいにムダ毛処理している女性もいるでしょうが、肌にダメージを与えてないか心配しないといけません。

20代後半になると代謝も落ち始めるので肌の生まれ変わりも遅くなります。今までは大丈夫だった肌が急に弱くなったり黒ずんできます。

 

脇の下のムダ毛処理のしすぎで肌がボロボロになって困ってる女性もいます。恥ずかしくて脇が見せられないと洋服選びも大変、水着にもなれないし、男性の前で裸になるなんで無理、、、と嘆いてる人まで。

 

脇や脚のすね毛などエステでプロに施術してもらったほうが肌に負担なく脱毛できます。今は何とかなっている女性でも、先のことを考えて今のうちに脱毛しておくと良いですよ。

脱毛すると肌もきれいになるので、洋服や水着選びの幅も広くなります。彼氏がほしくない人でもエステで脱毛しておく自分磨きはおすすめです!

 

28歳になって急に子どもがほしくなったり、仕事に疲れて結婚したくなったりと価値観の変化が起きます。婚活にも時間とお金がかかります。

婚活しながらエステ脱毛に通うのは金銭的にも時間的にも大変です。働きながらなので。後から焦るよりなら今のうちに済ませておくほうが良いです。