働く女性のお金が残る財布の使い方@20代に財布は2つ必要

今日はお金のたまる財布の選び方の話をします。基本的に給料がでたら預金用の口座に移すのが鉄則です。貯金の目標金額は生活費の3ヶ月分。まずは月にどのぐらいかかってるかを知ってることが前提です。

公共料金などは銀行口座内で支払いが完結(引き落とし)しますが、食費や娯楽費は財布か家に保管するかのどちらかでしょう。

いずれにせよ、お金を保管する場所が必要になります。大昔は神棚がどの家にもあって、そこに給料を保管したと祖母から聞いたことはありますが、今は家にもないですよね。一人暮らしをしている20代女性なら、なおさらのこと。

お財布の中のお金が気付いたらなくなっている、、、

多くの人はお財布でお金を管理してますよね。

管理方法によっては、(知らないうちに)予備費まで含めて全額使ってしまった、、、ということになりかねません。

参考:貯金ができない20代女性へ|いつの間にか無くなってる

もちろん予算内で終わればいいのですが、予備費に手をつけていること、気付いたら無くなってるのは問題です。次の給料日まで、出来るだけお金を残すにはどうすれば良いのか話しますね~。

お金が残らない財布2種類

まずはNG集からいきましょ。

一番貯まらないのは、お札を3つ折りにしてる女性です。イメージできますか?2つ折りじゃないですよ。小さいなお財布の場合、3つ折りでお札をいれるタイプがあります。コンパクトにまとまるので良いのですが、お金はたまらない人が多いですよ。

次にたまらないのは2つ折りタイプ。レシートとお財布がごちゃごちゃに。女性は見かけたことはありませんが、「豚財布」と呼ばれるゴミだらけの財布もこのタイプに多いです。

両方の財布に共通してるのは「残額」が一目で確認できないことです。貯金を増やしたいなら、財布の残額をを3秒以内に答えられないといけませんよ。

おすすめは2つの財布で管理すること

現実的な財布の使い方は母艦財布を準備することです。要は家においておく財布を準備するんです。できることなら長財布にしてください。

母艦財布にはお札しかいれません。家から持ち出さないのでレシートもカードも小銭も一切のものがない状態をキープしてください。

ここに1ヶ月の自由に使えるお金を保管します。外出中に使う財布は今までのものでかまいません。お金が足りなくなったら母艦財布から補充していきます。この作業を数日に1回することで、常に残高を意識することができます。

なぜ2つの財布で管理するのか?

本来ならレシートをこまめに整頓するのが一番良いです。しかし3日坊主で終わる人が多いのも事実。できることから始めるべきです。

お札が綺麗におさめられた財布を月に数回見るだけでも、マインドがあがります。整然と並べられたお札、汚れのない財布を手にすることで、常に購入したときの気持ちを蘇らせてくれます。

もちろん革製品を好む場合、汚れを含めて時間の経過による皮の変化を楽しむ人も多いでしょう。それは外出用で楽しめば良いので大丈夫です。

マインドが上がるにつれて今度は母艦以外の財布(持ち歩き用)もきれいにしたくなります。だんだんお札を折るのも嫌になってきますので、長財布がほしくなります。この段階でいきなり母艦財布を外出用にしないことです。

まずは外出用の長財布を用意してください。きれいにキープできるか保証がないからです。長財布はいろいろ入りますから、元の豚財布(お財布が立つくらい詰め込んだ状態)に戻りやすいです。まずは長財布2つで管理するのが失敗しないコツです。

この体制で4ヶ月以上続けられたら、あとは個人の自由で良いです!そのまま2つ体制で管理するのも良いですし、一つにまとめるのでも良いでしょう。

わたしはキレイな財布にお金を保管したいので2つ体制で管理してます。母艦財布は基本的に汚れることはありませんので。

長財布でなければいけないのか?

以前は年収の高い人は長財布が多いと言われました。最近の統計によると必ずしも長財布とは限らないことがわかりました。みなさん自分にあった管理の仕方を確立しているようです。

わたしは、長財布を使っている人が多いから勧めているのではありません。お札本来の姿を美しい状態で目にすることができる。そして残金を確認にしやすいからオススメしています。自分のマインドが上がるなら必ずしも長財布にこだわる必要はありません。

お財布とお金のスピリチュアルな考え方

お金を大切にする人の財布にお金は集まるという考え方もあります。わたしはあまりスピリチュアルなことに興味はないのですが、この考え方は嫌いではありません。

参考:占いにハマるとお金が貯まらないよ。20代女性は要注意!

きれいに整頓されたお財布は使っていても気持ちが良いです。

お財布の色で金運アップというのは、気持ちの問題なので信じるも信じないも自由です。信じることで、直接の因果関係はなくてもお金が貯まるなら問題はないですから。

お金持ちの人の財布をもらうと、お金が貯まるとも言われています。新しい財布をプレゼントしてもらうのでも良いですが、できることならそのものを貰うほうが効果は高いようです。実際に年末の飲み会で企画して、めでたく財布をゲットした人の金運は急上昇中なのでw